こんにちは。カルガモーズのテツモトです。
先日、5月20日 カルガモーズの東京外での初めてのライブのため、山梨は甲府へ行って参りました。場所は、武田信玄公をお祀りする「武田神社」の境内にある「甲陽武能殿」なる能舞台。野外でのライブなので、行く前から当日の天気を心配していたんですが、この日の甲府は朝から抜けるような まさに雲ひとつ無い晴天。しかも、ステージとなる能舞台から富士山の頂が望めるという願ってもないロケーションに、テンションも自ずと上がっていくのでありました。

「本当にこんなところで演らせてもらってイイのかナ。」などと内心思いつつ、粛々とセッティングを進めてリハーサルへ。おそらくお客さん方はスピーカーからの音を聴くので分からないと思いますが、舞台にいますと、カルガモーズならではの様々な鳴り物が同居している 中でも ボクらの鼓や直三朗クンの和太鼓の音がひと際 響いて聴こえていまして、「やっぱり、そ の楽器のために造られている建物は違うんだねー。」などとメンバー同士 関心しあってお りました。と、ここで「舞台部分だけじゃなく、橋掛かりも使えないか?」という、メンバーのその場の思いつき炸裂!であったんですが、照明、マイクの取り回しと嫌な顔一つせず応じていただいたスタッフの方々に大感謝であります。

さて、対バン出演のジャズバンドの演奏の後、いよいよ本番。暑かった日中の日差しも程よく傾き、また舞台上は意外なほど涼しく、心地良い野外の環境を楽しみつつプレイさせていただきました。やっぱり野外は格別の心地良さがあります。FUJI ROCK FES. をはじめとした野外のイベントなども、出られたらイイなと密かな野望も抱いたのでありました。
ライブ終了後は、メンバー一同で山梨名物ほうとうを食べ、今回のライブ、別名「カルガモーズ 春の修学旅行」を終えました。

今回の企画を仕切っていただきました龍野さん はじめ、スタッフの方々、同行していただいた仙波師匠のマネージャー吉尾さん、皆さん ありがとうございました。これに懲りず、また是非呼 んでください。よろしくお願いいたします。



とにかく暑い!!09:00 a.m.!




仕込み開始!楽器並べるのも楽じゃないっす・・・(ToT)




おだやか〜に、始まりました。




エキサイト!




師匠も、エキサイト!




オレカマ風景。能楽殿をフル活用させていただきました。




美しい西日をいただいて、終了の巻。